• ホーム
  • マイアカウント
  • お問い合わせ
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
カートの中身を見る
カートの中に商品はありません
GMOとくとくポイント使えます
paypal

名前:大脇 賢二

メモ:明けましておめでとう御座います。 本年も何卒よろしくお願い致します。

店長ブログはこちら

HQペーパーメーカーの紙について
ご利用案内
良くある10の質問
紙の用語集
紙の歴史
お客様の声
HQグループのリンク
相互リンク集
サイトマップ
ペーパーラッピングの仕方
メルマガ登録・解除はこちら

スケルトンリーフやこうぞ紙をお求めならHQジャパン。

HQジャパンではマルベリーペーパー(楮紙)を多数ご用意しております。スケルトンリーフやタイの若手画家の絵も豊富に取り揃えておりますので、タイの文化にご興味のある方はぜひご覧くださいませ。


機械すきの紙は、伝統的なフォードリニアー型の製紙機械で作られ、円筒形状の「ヤンキー」ドライヤで乾燥させます。原料は、手すきの紙と全く同じで、クワ(マルベリー、あるいはサー)を使用しています。しかし、その外観はより均一で、乾燥および圧縮工程によりその密度は、手すきに比べてはるかに緻密な紙です。機械すきの紙は、日本では雲流紙として知られています。
大きなロールに巻き取られた紙は、必要な寸法に正確にカットされます。 HQの標準包装紙サイズは50x70cmですが、最大1.8メートル幅で長さ1,000メートルまでの任意の長さのロールで出荷する事が出来ます。またご希望の寸法に裁断も致します。これら特注品は注文に応じて生産し、最低注文数量は2,000平方メートルとなります。
HQ PaperMakerの「機械すきの紙」はすべて、桑の木(マルベリーの木、タイでは「サー」と呼ばれています)の小枝の樹皮から作られています。 マルベリーの木は、南東アジアの至る所の原野で旺盛に成長します。同じ手すきのクワの紙は日本では楮(こうぞ)に当たります。実際、楮(こうぞ)はクワ科の異なる種類の木なのですが。日本の製紙業者はタイや近隣の国々からその原料を買っています